人気のあるウォーターサーバーの傾向について触れた生活情報サイト

>

導入前にウォーターサーバーの要不要を判断

基本的なウォーターサーバーの機能

テレビコマーシャルやネット広告等で、目にする機会には事欠かないであろうウォーターサーバーですが、ウォーターサーバーを介して飲用の水やお湯が出せること以外、実際に使用してみないことにはイメージしにくいかも知れません。

もっとも、基本的にウォーターサーバーは、商品イメージと機能の乖離が小さく、使い捨てないし再利用タイプの貯水ボトルに貯水された水をサーバー内で温度調節することで、飲用の水やお湯がいつでも飲める電化製品であり、機種によって、お茶やコーヒー、紅茶などが飲めるものもあるなど、機能的に生活家電的な側面が強いものの、一般家庭を含め本体購入契約よりもレンタルやリースといった形で契約を結ぶことが多いため、家用の電化製品でもありながら家用家電とは若干異なるのが特徴的です。

ウォーターサーバーのタイプの違い

一般的なウォーターサーバーを挙げるなら、設置型のサーバーに貯水ボトルが付属したタイプがスタンダートなウォーターサーバーであり、ウォーターサーバーをご利用されていない方の大多数もこのタイプのウォーターサーバーが、典型的なウォーターサーバーであると認識されているのではないでしょうか。

もちろん、設置型のサーバーに貯水ボトルが付属しているタイプのウォーターサーバーがウォーターサーバーとして主流であることは、間違いありませんが、ウォーターサーバーのタイプはこれ以外にもあり、サーバーに貯水ボトルを内蔵するタイプのものもあれば、水道と直結し、水道水をろ過するタイプのものもあるなど、同じウォーターサーバーであっても、機能はタイプごとに差異があります。